神風隊長のお前らが好きだヽ(●´ε`●)ノ

僕が勇往邁進する日々を綴ります!(オンラインゲーム鉄鬼のことが中心) ※相互リンク受付中!!

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クラン戦 ※注意事項※

これから入る新人のメンバーの為にも、クラン戦を行う時の心構えから技術的なところまで、
お話します!

目次
①心構え
②基本
③技術
この流れでお話しをしていきたいと思います^^

①心構え
・個人スコアよりチームスコアを優先させるべし
チームの勝利こそ自分の勝利。チームの敗北こそ自分の敗北。全ての行為が、チームの為
に在る。個人スコアなんて二の次三の次。
(チームスコアを優先させた上で、高スコアを目指すのも無しではないが)

・チームと協調しよう
チームで動く場合、スピードが重視されることが多いです。指示があったらすぐに配置に
就いたり、仲間と合流し、動いたりなど、スピードを心掛けて。

・命の大切さ
このゲームは得になんですが、味方が一人倒されただけで、かなりチームに負担が掛かる
ことになるので、自分の命を大切にして無駄死にをしないようにする。


②基本
・MAPの名称を覚える
まずはMAPの名称が分からなければ、攻めることも守ることもできない
なのでなるべく早く覚えましょう^^ MAP名称←見たい方はクリック

・報告
敵を見かけた時、敵と交戦中の時、敵を倒した時、敵に倒された時、子機を発見した時など、
すぐに報告する。
例えば、自分が倒された場合は、どこで?どの機体に?何人に?と報告する。
例 『外ロンで軽量2機にやられた!』 みたいな感じでおk。
さらに言えば、その後どっちに動いたかも報告できるといいですね!
例 『外ロンで軽量2機にやられた!今外上に向かっていった!』これは完璧ですね。
自分が死んだなら、後は仲間に託すしか出来ないのだから、なるべく情報は多く残していく。
子機を発見した時は、まずは発見したことを報告しよう。
例 『赤リスから子機が出てきたよ!』←この時点で壊せるなら壊す。間に合わなかったら、
  『子機が外上向かってるよ!○○さんの方行ったよ!気をつけて!』とすぐに報告。


・共有
どこで何をするにでも、自分がいる場所や、動いた場所、またはこれから移動する場所など
をみんなに伝えておく。
守りの時
最初にいた場所から動いたなら、今どこどこに動いて、どこを見ているかを伝えて
置いたり、回復するに当たって、守備位置を離れる場合なども、報告しておくことによって、
誰かがフォローに行ったり、カバーすることが出来るので隙が少なくなる。
攻めの時
自分がどの機体を狙っているかなどを伝えることによって、2対1の状況を作り、相手を
スピーディーに倒すことに繋がっていく。
特攻をする時
突っ込むタイミングなどを、何分何秒と決めておくことによって、連携の精度をあげること
ができる。

・常に仲間の状況を意識し、視野を広く持つ
煙が出て今にも倒されそうな機体がいたら、自ら壁になるか、援護射撃をしたり、囲まれて
いる味方がいたらすぐに助けに行ったり、敵が自分が見ていないところから特攻してきたとき、
すぐに対応できるようキョロキョロ見ておく。

③技術
・一人で行動しない。(時と場合によります)
・敵がいる方向ばかりに集中せず、誰も見ていないところがないか、常に確認。
・敵と戦っている最中でも、HPの確認。(最低でも半分減ったら回復)
・誰かが回復しているとき、自分のHPが少なくても、周りを見る。
みんな固まって回復しているときは相手にとっては絶好のチャンスです。
強襲に襲われ2,3人まとめて倒されるときがあるので、一人でも時間稼ぎできるのであれば、
ギリギリまで踏ん張る。
・回復してる時もキョロキョロして、周りを見渡しながら。
・子機は見逃さずに壊す。


最後に
まあこれらのことは、今までで感じたことなので、これからも増えて行くと思いますが
最初から完璧にできることなんてないですし、人間だから失敗することもそりゃあります。
大切なのはいつでも前向きに考え、少しずつでもいいから成長することだからね^^

スポンサーサイト

| 鉄鬼:クラン戦の心構え | 16:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。